薬剤師のための心と身体のスタイル提案マガジン ファーストネットマガジン

薬剤師 吉田節子が教える!アロマテラピー

第9回 アロマコラム番外編~冬のアロマ イチオシ使用法

今年の冬はほんとに寒いですよね。体も冷えが重なってきますし、なんだか心まで寒く感じますよね。そんなときに超おすすめの使用法があるんです!その名も「アロマスチーム」。大げさなネーミングですが、方法はいたって簡単。少し大きめの洗面器とお湯だけで大丈夫です。
①大き目の洗面器にお湯(手をつけて心地よい程度の温度)を7割程度入れる。
②お好きな精油を2~3滴入れてスプーンなどでかき混ぜる。
③手をお湯につけてリラックスする。
④目を閉じて顔を洗面器の近くに寄せて蒸気が当たるようにする。
⑤バスタオルなどの大き目のタオルをかぶり、蒸気を逃がさないようにして、スチームを楽しむ。お湯が冷めたら少し熱めのお湯をつぎ足す。

ポイントは皮膚刺激の少ない、鎮静作用や加温作用がある精油を選ぶこと。スキンケア作用があるものなら、なおさら女子の味方になりますね。水蒸気と一緒に精油成分も揮発していきます。おすすめの精油を以下に挙げておきます。
・ゼラニウム ・真正ラベンダー ・ヒノキ
・マンダリン ・オレンジスイート ・サンダルウッド
・カモミールローマン ・ローズウッド ・パルマローザ
・フランキンセンス ・ちょっと奮発してネロリ

注意としては必ず「目を閉じること」。目の粘膜はちょっとしたことでも刺激を感じることがありますので目は閉じておきましょう。それと必ず、心地よいと感じる香りを使いましょう。万が一、気分が悪くなったらすぐに中止して換気すれば大丈夫です。 またハッカ類・ローズマリー・レモングラスなど、明らかに刺激があるものは使わない方がいいです。 私は一人の時間がゆっくりもてるときに、ハーブティーを飲んで体を内から温め、使い終わったハーブをアロマスチームの洗面器に一緒に入れてしまいます。そうすると、精油の香りとハーブの香りが相まって、より深いナチュラルな香りが楽しめます。 また、手をつけるだけではもったいないので、小さめのハンドタオルを用意して湯面の精油をすくい取るようにしてつけて絞り、肩や首に置きます。ホットタオルを温シップ代わりにするとより一層深いリラックス効果が期待でき、10分くらいで上半身がポカポカしてきてとても気持ちいいのでおススメです! 以上、どうしてもこの時期にこの方法を伝えたくて、今回は番外編になりました。知識は体感するほどに深いものになってきます。人に伝える前に、まずは薬剤師さん自身がアロマで癒され体験をして頂いて、さらにナチュラルで素敵な魅力あふれる薬剤師さんをめざしましょう♪

薬剤師のアロマテラピー