薬剤師のための心と身体のスタイル提案マガジン ファーストネットマガジン

実践!薬局3.0レポート

第6回 ハザマ薬局新人薬剤師その4

ハザマ薬局に新人薬剤師として入社した杉田 康先生に入社1ヶ月経ってのインタビューをお伺いしました。

杉田先生の写真

入社して1ヶ月経って

入社して1ヶ月経ちましたが、以前持っていたイメージでは新しい薬局だなぐらいの感覚で何を具体的にしているかはわかりませんでした。往診同行・訪問指導は他の薬局さんのとこでもやっており、何が違うのかなと疑問に思っていましたが、今は弊社の施行している往診同行・訪問指導はどこも真似できないだろうなと感じます。と同時に薬剤師を求められている環境がここにはあるなと感じてます。このやり方が全国に広がると日本の医療は劇的に変化するだろうなと思います。

薬局業務~1日の過ごし方

現在の仕事内容は一包化監査・テープ監査・臨時対応を中心にさせてもらい、施設への往診同行・訪問指導も先輩薬剤師についていきながら、日々勉強させて頂いております。特に気をつけている点は、スタッフ間でのコミュニケーションを意識的にとるようにしてます。忙しい毎日なので、薬局内・外でピリピリムードになったりすることもあるので、その際、いい関係性を作れていたら連携が取りやすいなと思い、積極的にコミュニケーションをとっています。

杉田先生の写真

こんな出来事があった

ある患者様で浮腫がおき、利尿剤を投与してもなかなか治らなくて、何か薬で原因になるものないかなと探していたら、アムロジピンの副作用で浮腫があるのに気づき、先輩薬剤師に相談しました。その際、「代替薬はどうしようか?」と言われたので、シルニジピン、エホニジピンのN型又はT型Ca拮抗薬があるけど浮腫が起きにくいかどうかは知らなかったので、すぐに問い合わせし、関連した文献を頂き、先輩薬剤師にも納得してもらい、Dr.に処方提案することができました。

周りの先輩はどんな人でしたか?

周りの先輩方はいつも優しく、いつも気を使ってくださいます。私は物覚えが悪いので何度も同じことを聞いてしまいますが、優しく丁寧に同じことを繰り返し教えて下さいます。薬剤師とパートナー(調剤事務)との仲が非常に良いので、お互いに率直な意見交換ができ、日々業務改善ができるので素晴らしい環境だと感じています。まだまだ役に立ってるとは思えないので、少しでも早く貢献できるようにしたいです。

ファルメディコ株式会社 HP

在宅療養支援セミナー