薬剤師のための心と身体のスタイル提案マガジン ファーストネットマガジン

実践!薬局3.0レポート

第19回 次世代の薬剤師を育てるために-新人薬剤師のバイタルサイン講習-

在宅医療のニーズが増してゆく中で、薬剤師は、自らの専門性をもって、決断し、患者によりよい治療を提供していくために、患者の身体状況を正確に把握する必要があります。
薬剤師のバイタルサイン習得ニーズも高まり、各地でバイタルサイン講習会が開かれています。

在宅医療に取り組んでいるハザマ薬局にとっても、バイタルサインのスキルは非常に重要なものです。チーム医療で取り組む場合、バイタルサインの情報と薬学的知識を駆使して、より正確に患者の状態を医師に伝えることにつながります。
ハザマ薬局では予てから薬剤師のバイタルサイン講習の必要性を訴えて、自ら講習を行ってきた狭間研至先生のバイタルサイン講習会に新人薬剤師全員が参加してきました。

バイタルサイン講習会は一般社団法人日本在宅薬学会が主催し、特に狭間先生の講習会では毎回多くの薬剤師の方々が参加し、いつも大変な熱気を持っています。

講習会ではこれまでの薬局のあり方から始まり、これからの薬剤師のあるべき姿、バイタルサインの概念や手技の理解、フィジカルアセスメント、患者の情報を薬学的に読み取る能力をつける必要性など狭間先生の幅広い知見による熱い講義に参加者が引きこまれていきました。
次に血圧測定の原理、心音の聞き取り方や、機器の仕組みや解剖学などの理論の解説へと続きました。
その後は実技指導に移り、参加者が2人一組になって、水銀血圧計を用いての血圧測定、聴診器を使用して心音を聞き取るトレーニングを行いました。
ハザマ薬局の新人薬剤師の方々も熱心に取り組む姿が伝わってきました。

全ての講習が終わると、その場で認定試験が行われ、見事全員合格することができました。
実際にバイタルサイン講習会に参加されたハザマ薬局の新人薬剤師の感想をご紹介いたします。

ハザマ薬局では今後ますます高まってゆく在宅医療のニーズに応えるため、地域医療の健康ステーションとして、地域社会に根ざした医療サービスを提供することを目指し、人材面、設備面での充実を図ってまいります。

バイタルサイン講習会についての詳細を知りたい方はHPを御覧ください。https://jahcp.org/21_vitalsign-seminar

在宅療養支援セミナー