薬剤師のための心と身体のスタイル提案マガジン ファーストネットマガジン

WEBコラム

黒川眞妃子先生の薬膳レシピ

薬膳うまうまレシピ レンコンソーセージ

黒川 眞妃子氏

資格:
国際中医師、国際中医薬膳管理師、国際薬膳調理師、中医薬膳指導士、食育インストラクターSecond Grade

執筆:
大阪人「祭りのときの食養生」、フェリエ「キッチンからのラブレター」連載、ママ育コラム連載、「お出かけ帖」料理ページ担当など多数。

メディア情報:
TV:朝日放送 おはよう朝日です/ 大阪テレビ なにしょ
ラジオ:原田伸郎 のびのび金曜日

おばんざい料理店経営のち、国際中医薬膳管理師、国際薬膳調理師を経て国際中医師に。現在医療学院薬膳講師の傍ら「関西薬膳びと」「国際ウェルネス薬膳協会」を立ち上げ市民大学講座、鍼灸学院薬膳セミナー、企業様薬膳研修セミナーや薬膳調理実習会、産科病院での産前、産後食セミナー、幼稚園での薬膳給食献立。その他飲食店 薬膳メニュー開発、薬膳コラム執筆など。 食べることは生きること・・・食卓に昇る「おばんざい薬膳」普及に奮闘中。

材料(8本分)

レンコン 200g、鶏ミンチ 300g、乾燥バジル 小さじ1と1/2、おろしニンニク 1かけ分
塩 小さじ1/2、胡椒 少々、ピンクペッパー(粗く潰す) 大さじ1と1/2、片栗粉 大さじ2
油(ソーセージを炒める用) 少々、好みの青野菜 適量 好みのソース (粒マスタード、ケチャップ、大根おろしポン酢)など

作り方

  1. レンコンは皮をむき、1 120gはすりおろす。80gは細かく刻む。
  2. ボウルに鶏ミンチを入れてヘラで練り、次に残りの材料の全てを入れてよく混ぜ合わせる。
  3. 2.を8等分してサランラップで空気を抜くようにクルクル巻き、ラップの両端をねじって結ぶ。
  4. 3.を蒸気の上がった蒸し器で6~8分ほど蒸す。
  5. 4.のラップを除き、油を引いたフライパンで焼き色を付け、野菜と一緒に皿に盛る。

効能

ビタミンCをたっぷり含んだレンコンを使い、疲労回復、カゼ予防に役立つ一品です。

レンコンソーセージでもう一品

レンコンソーセージと野菜の豆乳スープ

「レンコンのすすめ」

秋から冬に向かってレンコンが旬を迎えます。
レンコンは蓮の地下茎が肥大したもので、内部の空洞は「通導組織」と呼ばれ、人の鼻の穴と同じように根や茎に酸素を送り込んでいます。輪切りにして穴を覗くと見通しが良いことから「将来を明るく見通せる」と言われ、縁起物としてお正月のお節料理には欠かせない食材の1つです。

レンコンの主成分は炭水化物ですが、その他にもビタミンやミネラル、食物繊維、ポリフェノールなど沢山の栄養素を含んでいます。注目するところは、レモンと同等のビタミンC を含み、加熱しても壊れにくい特徴を持っていることです。寒い季節のカゼ予防、疲労回復、美肌作りに煮物やスープなど温かなお料理に使いたい食材です。

またネバっと糸を引く成分のムチンには胃腸の粘膜を保護する働きがあります。ムチンは熱に弱い成分ですので、薄くスライスしてサッと湯通ししてサラダに加えたり、リンゴや梨と一緒にすりおろしてジュース代りに飲んだりすると良いでしょう。
さらに、皮膚粘膜を収縮させる収れん作用や消炎作用のあるタンニンを含みます。炎症性の鼻詰まりには節の部分をすりおろし、その絞り汁を脱脂綿にしみ込ませて片方の鼻の穴につめ、これを左右交互に繰り返すと鼻が通ります。

レンコンには嬉しい効能がいっぱいです。いろんなお料理に取り入れてくださいね。