薬剤師のための心と身体のスタイル提案マガジン ファーストネットマガジン

昨今、メディアでも報道されるポリファーマシーですが、本当の意味をご存知ですか?

以前は、ポリファーマシーは「Poly」+「Pharmacy」で多くの薬を示す造語でした。しかし、最近では、数だけの概念にとどまらず、薬物有害事象や服薬アドヒアランスの低下、不要な処方、あるいは必要な薬が処方されないことや過量・重複投与など薬剤のあらゆる不適切な問題がポリファーマシーであるされています。そのため、3剤でも問題のある処方であればポリファーマシーとなり、実質的には処方の中身が重要であるとされています。

また、ポリファーマシーの問題は、私達医療従事者だけの問題にとどまらず、社会的な問題として捉えられています。薬を欲しがる高齢者、正しく理解されていない薬物有害事象、薬がすべてを解決してくれると思っている一般の人たちも多いです。

そんなポリファーマシーをどのように解決すればよいか、医者への提案方法や患者さんに対する説明などポリファーマシー対策を行う上で必要なポイントをお話します。

セミナー内容

対象 薬剤師、薬学生
講師 溝神文博先生(国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 薬剤部)
受講料 1,000円
※ファーネットマガジン公式LINE@登録・当日受付でのご提示で受講料無料!
開催日程・場所
【大阪】
2019/02/03(日)10:00~11:30(受付開始9:45)
NSE貸会議室梅田店A
(大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビル5階)
参加申込みはこちら
【仙台】
2019/03/03(日)10:00~11:30(受付開始9:45)
TKP仙台東口ビジネスセンター カンファレンスルーム3A
(宮城県仙台市宮城野区榴岡1-6-30 ディーグランツ仙台ビル3F)
参加申込みはこちら
主催 株式会社ユニヴ
〒530-0047大阪市北区西天満3丁目4-15公冠ビル2F

溝神 文博(みぞかみ ふみひろ)先生 プロフィール

略歴

所属:国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 薬剤部

職位:薬剤師

略歴:
2007年3月 名城大学薬学部医療薬学科卒業
2007年4月 国立長寿医療研究センター 薬剤部 薬剤師 現在に至る
2014年7月 慶應義塾大学大学院薬学研究科にて 薬学博士取得

受賞歴:日本医療薬学会Postdoctoral Award受賞

所属学会:
日本老年医学会
日本老年薬学会(評議員、教育研修委員会、研修小委員会委員長)
日本褥瘡学会(評議員、褥瘡認定師)
日本サルコペニア・フレイル学会(教育研修委員会、認定指導士委員会)
日本感染症学会、日本医療薬学会、日本病院薬剤師会(学術第1小委員会)

社会的活動その他:
厚生労働省 高齢者医薬品適正使用検討会 構成員
厚生労働省 高齢者医薬品適正使用検討会ガイドライン作成ワークキンググループ 構成員
名城大学薬学部 非常勤講師
名古屋市立大学薬学部 非常勤講師

主な論文・ガイドライン等:
厚生労働省編「高齢者の医薬品適正使用の指針(総論編)」
日本老年薬学会編「ポリファーマシー見直しのための医師・薬剤師連携ガイド」
日本老年薬学会編「老年薬学ハンドブック」
日本老年医学会編「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」
日本褥瘡学会「褥瘡ガイドライン予防・管理ガイドライン(第4版)」

  • 1. Mizokami F. et al., Clinical medication review tool for polypharmacy: Mapping approach for pharmacotherapeutic classifications. Geriatrics & gerontology international 2017, 17 (11), 2025-2033.
  • 2. Working Group on Guidelines for Medical Treatment and its Safety in the Elderly (Mizokami F.) Screening Tool for Older Persons’ Appropriate Prescriptions for Japanese: Report of the Japan Geriatrics Society Working Group on “Guidelines for medical treatment and its safety in the elderly”. Geriatrics & gerontology international 2016, 16 (9), 983-1001.
  • 3. Mizokami F. et al., Adherence to Medication Regimens is an Effective Indicator of Cognitive Dysfunction in Elderly Individuals. American journal of Alzheimer's disease and other dementias 2016, 31 (2), 132-136.
  • 4. Mizokami F. et al., Pressure ulcers induced by drug administration: A new concept and report of four cases in elderly patients. The Journal of dermatology 2016, 43 (4), 436-438.
  • 5. Mizokami F. et al., Polypharmacy with common diseases in hospitalized elderly patients. The American journal of geriatric pharmacotherapy 2012, 10 (2), 123-8.

セミナー参加申込みフォーム

は必須項目です。

希望開催場所

お名前
  • 姓 
  • 名 

年齢

性別

ご住所
〒  - 
  • 市区町村
  • 番地まで
  • 建物名

電話番号

- -

メールアドレス
  • 確認用

このセミナーを何で知りましたか?

その他を選択の方は詳細をご入力ください。

ご利用規約

◆個人情報の取り扱いについて◆

株式会社ユニヴに個人情報をご提供いただくにあたっては、下記の内容についてご同意の上でご提供いただきますようお願いいたします。

「取得目的」
個人情報の利用目的は以下の通りです。
 1.本サービスの利用に伴う連絡
 2.メールマガジン・DM・各種お知らせ等の配信・送付
 3.職業紹介や就職・転職に関する情報提供
「利用」
取得目的の範囲内で個人情報を適切に利用します。
「提供」
法令で定める場合を除き、個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)を当該個人の同意なしに第三者に提供しません。
「外部委託」
利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合があります。(委託先における個人情報の取扱いについては株式会社ユニヴがその責任を負います。)
「個人情報の開示、訂正、または削除について」
個人情報の開示、訂正または削除の依頼をされる場合は、下記お問い合せ先までメールまたはお電話でご連絡ください。ご本人であることが確認でき次第、すみやかに対応します。但し、株式会社ユニヴの業務に支障がある場合や業務の記録については、開示、訂正または削除の依頼にお応えできない場合があります。
【個人情報の管理者および問い合せ先】
株式会社ユニヴ 個人情報保護管理者:常務取締役 藤田泰浩
住所:大阪府大阪市北区西天満3-4-15 公冠ビル2F
電話番号:06-6361-3601
メールアドレス:privacy@univ.co.jp
「提供の任意性について」
個人情報のご提供は任意となりますが、お預かりした個人情報が不足している場合、適切なサービスを受けられないことがあります。
「ご本人が容易に認識できない方法による情報の取得について」
本サイトにおいて、サイトの使い勝手を向上させる目的やアクセス状況などの統計的情報を取得する目的で、ご本人が容易に認識できない方法(Cookieなど)を用いることがありますが、そのような技術の使用により、お客様が入力していない個人情報を取得することはありません。