薬剤師のための心と身体のスタイル提案マガジン ファーストネットマガジン

新型コロナウイルス感染症が薬局にもたらす3つの変化〜薬局パラダイムシフトをどう乗り切るか〜

新型コロナウイルス感染症は、誰もが予想できなかったほどの大きな影響をもたらしました。薬局においても例外ではなく、患者が医療機関を受診し、処方箋を持って薬局に行き、薬をもらって自宅に帰るという、Golden Triangleが無くなりつつあります。
このことにより、医療機関の近くに出店し、処方箋を応需して薬をお渡しする業務を行い、在宅やセルフメディケーションなどには基本的に手出しをしないというスタンスの薬局は、経営的にも、顧客ニーズ的にも先行きが見通せないことになってきました。
2025年の地域包括ケアシステムの完成まで5年を切り、医療のあり方の変化はスピードを増しつつあります。
不透明な業界で、一体何を考えるべきか、そのポイントを医師・薬局経営者の観点からお話しします。

★ファーネットマガジン公式LINE@にてセミナーポイント制度実施中!
ファーネットマガジン主催セミナー1回ご参加につき、公式LINE@ショップカードにて1ポイントをお付けいたします。1年間で5ポイント貯まると、QUOカード1000円分をプレゼント致します!
また、薬剤師・薬学生のご友人様をお誘いいただきご一緒に参加されますと、お誘い下さった方へプラス1ポイント差し上げます。是非、お誘い合わせの上ご参加下さいませ。

セミナー内容

対象 薬剤師、薬学生
定員 50名(先着順)
参加費 無料
講師 狭間研至 先生(ファルメディコ株式会社代表取締役・一般社団法人日本在宅薬学会理事長)
開催日程・場所
【ZOOMを使用したオンライン開催】
2021/05/09(日)10:00~12:30 ※途中休憩有り 
※開催終了致しました。
主催 株式会社ユニヴ
〒530-0047
大阪市北区西天満3丁目4-15公冠ビル2F

狭間研至 プロフィール

所属
ファルメディコ株式会社 代表取締役社長
一般社団法人 日本在宅薬学会 理事長
医療法人嘉健会 思温病院 院長
熊本大学薬学部・熊本大学大学院薬学教育部 臨床教授
経歴
昭和44年 大阪生まれ
平成7年 大阪大学医学部卒業後、大阪大学医学部付属病院、大阪府立病院(現 大阪府立急性期・総合医療センター)、宝塚市立病院で外科・呼吸器外科診療に従事。
平成12年 大阪大学大学院医学系研究科臓器制御外科にて異種移植をテーマとした研究および臨床業務に携わる。
平成16年 同修了後、現職。医師、医学博士。
現在は、地域医療の現場で医師として診療も行うとともに、一般社団法人 薬剤師あゆみの会・一般社団法人 日本在宅薬学会の理事長として薬剤師生涯教育に、近畿大学薬学部・兵庫医療大学薬学部、愛知学院大学薬学部の非常勤講師として薬学教育にも携わっている。
著書
薬局マネジメント 3.0(評言社)
薬局が変われば地域医療が変わる(じほう)
薬剤師のためのバイタルサイン(南山堂)
薬局3.0(薬事日報社)
外科医 薬局に帰る(薬局新聞社)
がんにならないのは、どっち(泰文堂) など
共著
臨床調剤学(南山堂)
薬物治療学(化学同人)
新IT医療革命(アスキー新書)
ITが医療を変える(アスキー・メディアワークス)など

一般社団法人 日本在宅薬学会

高齢化率が25%を超えた日本では、多くの患者さんが高齢で、介護を受けながらお薬による治療を続けるという時代が到来しています。
劇的に変わり続ける日本の医療の中心で活躍する薬剤師の育成のため、薬剤師の生涯教育を実践して参ります。

理事長
狭間研至
設立
2009年12月22日
目的
当学会は、薬剤師の職能拡大・薬局の機能拡張を通じて、多職種連携・情報共有を基盤とした超高齢社会における新しい地域医療システムを構築し、広く社会に貢献することを目的とする。

一般社団法人 日本在宅薬学会では、薬局薬剤師のみならず、病院・大学・製薬企業などの薬剤師や医師・歯科医師・看護師に至るまで多職種の方々が全国で活動されています。医療に関わる職種の皆様の積極的なご入会をお待ちしております。わが国によりよい地域医療を整備し、医療人として活躍するヒントを是非当学会で感じてください。

CPC
認証番号 P03

在宅療養支援認定薬剤師制度

日本在宅薬学会の在宅療養支援認定薬剤師制度は在宅療養支援の分野で日本初となる第三者認証を受けた生涯研修プログラムとして公益社団法人薬剤師認定制度認証機構よりプロバイダー認証されました。

活動の内容

1.在宅療養支援に関する薬剤師の教育
  • 在宅療養支援に必要な薬剤師教育プログラムの開発と施行
  • 高齢者医療・高齢者介護施設や在宅療養時に必要な、実務・医学的知識・関連法規・接遇マナーに関する教育 の開発と実施
  • 在宅療養支援認定薬剤師制度」の発足と充実
  • 当学会の講習を修了した者を「在宅療養支援認定薬剤師」と認定する事を目指す
2.在宅療養支援を行うための環境の整備
  • 居宅療養管理指導に必要な書類などの統一フォーマットの策定
  • 厚生労働省指導のもと、薬剤師が居宅療養管理指導を行う際必要となる、手続きや書類の考案・作成
  • 行政・薬業界への情報発信
  • 6年制薬学教育カリキュラムに含まれる在宅関連業務に関する教育内容提案
  • 長期持続可能な経営スキームの策定

事業

当学会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う
  1. 1在宅療養支援薬剤師の育成及び認定
  2. 2在宅療養支援に必要な薬剤師等への教育事業及び教育プログラム開発事業
  3. 3薬剤師等医療関係者を対象とし在宅療養支援について行う研修会、講演会及び学術集会の開催ならびに学会誌の査読、編集、発行
  4. 4薬剤師が行う在宅療養支援業務に関するコンサルティング事業
  5. 5在宅療養支援に関し、薬剤師、各種行政機関関係者、各種医療関係者を対象としたネットワークの構築及び普及啓発活動
  6. 6地域医療における多職種連携を促進するための各種行政機関関係者、各種医療関係者との交流活動
  7. 7在宅療養支援を支えるICTインフラの整備と活用に関する研究・開発事業
  8. 8在宅療養支援に関し薬剤師の果たす役割について紹介する広報活動
  9. 9お薬カレンダーの企画、制作及び販売
  10. 10その他当法人の目的を達成するために必要な事業

事務所所在地

〒530-0041 大阪市北区天神橋1-9-5 山西屋・西孫ビル2F
TEL:06-4801-9566 FAX:06-4801-9556